カラコンつけ方

カラコンのつけ方

カラコンのつけ方でよくある間違い

カラコンを含めたコンタクトレンズは初めての人にとって多少の恐怖があると思います。
目に異物を入れるなんてことは普段自分では決してしないことですから特別不思議なことではないのですが、しかしカラコンを楽しむ為にはこれに慣れないといけません。
それにはまず正しいつけ方を身につけるのが先決です。
人によって多少つけ方の差異はあるかもしれませんが、基本的なことは変わらないので正しいつけ方をしっかりと覚えてしまいましょう。

 

 

カラコンのつけ方を知るにはまず、よくやってしまいがちな間違いを知っておいた方が失敗せずに済むかもしれません。
コンタクトレンズ初心者がよくやる間違ったつけ方のひとつは、不潔な手でコンタクトレンズを扱ってしまうことです。
外から帰ってきてからコンタクトレンズを目に入れるという場面はそうそうないとは思いますが、それでもカラコンを装着する時は必ず手を洗ってください。
お化粧をしてからコンタクトレンズを装着する場面はよくあるでしょう。
その場合も手に化粧品が残っていると目にその成分が付着し、時には痛むこともあるので要注意です。

 

 

カラコンの裏表を間違ってしまうのもよくあることです。
コンタクトレンズの丸くなっているところを指に載っけて見てみて下さい。
完全なお椀状態になっていれば正しい向きになっています。
もし縁の部分が少し外側に反り返っているようであれば裏表が逆なのですぐに戻しましょう。
目に入れた後に違和感から激しくまばたきをしてしまうのもカラコンのつけ方でよくある間違いです。
瞬きはしてもいいのですが、ゆっくりと行うように気を付けてください。

 

おすすめサイト→ざわちんカラコン通販

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ